敏感肌でも脱毛サロンに通える?

敏感肌の人でも脱毛サロンに通って施術を受けることはできます。

今最も多くの美容サロンが採用している主流の脱毛方法であるフラッシュ脱毛は、お手入れ箇所にフラッシュのライトを照射するだけなので肌や毛穴へのダメージがとても少なく低刺激で肌にやさしい施術なので敏感肌の人でも安心してムダ毛のお手入れをすることができます。

ライトを照射する際の感覚としては少しだけ温かさを感じる程度で熱さや痛みなどはほとんどありません。とてもスピーディーかつ簡単な施術であっという間にお手入れが終了してしまいます。

フラッシュ脱毛に特化した専門の美容脱毛サロンの店舗は全国各地に数多く存在しますので、検索をすれば簡単に自分が住んでいる地域の最寄りの店舗を見つけることができます。

利用するためには最初にカウンセリングを受ける必要がありますので、インターネットや電話でその申し込みを行いましょう。

サロンによっては初回限定のお得な特典や割引やプレゼントなどのサービスがあることもありますので、お得な情報を逃さないようにするためにホーム―ページをチェックしてみましょう。

カウンセリングが済むとそのまま契約をしてお手入れ開始となります。
流れとしては、肌チェックをしてお手入れ箇所にジェルを塗りその上からフラッシュのライトを照射します。照射後はジェルをふき取り肌をクールダウンさせて最後に保湿をして終了です。

敏感肌の人でも安全に快適に施術を受けることができますので積極的に利用して美肌を手に入れましょう。

ディオーネで顔脱毛!効果はどうなの?

顔脱毛特化なら、ディオーネ?!

ディオーネは、ハイパースキン脱毛を採用している脱毛サロンです。

ハイパースキン脱毛は、今までの黒い色素であるメラニンに作用して脱毛するのではなく、発毛因子に作用する光を照射して脱毛することができます。

黒い色素に反応する脱毛は、産毛にはほとんど効果がないとされていました。

しかし、ハイパースキン脱毛は、発毛因子に直接作用することができるので産毛である顔脱毛を行うことができます。顔脱毛だけでなく、シミやホクロにも効果的だとされています。

ディオーネの顔脱毛は、6回と12回でコースが分かれていますが、それぞれ脱毛が修了した時の効果が異なります。

6回のコースは、施術前よりも顔全体の毛が薄くなったという感じがありますが、しばらくするとままた薄い産毛が生えてくることがあります。

12回コースは、施術が終わった時点で顔全体がつるつるでしばらく経っても産毛が生えてこない、という感じをうけている場合が多いです。

しかし、ハイパースキン脱毛は高熱を使用しないので、クールダウンが必要なく、光脱毛を顔に当てる時に使用するジェルは冷たくないので不快感を与えません。

また、今までの光脱毛は、毛周期に合わせて脱毛する必要がありますが、ハイパースキン脱毛は今生えている毛ではなくこれから生えてくる毛にアプローチするという新しい方法です。

光脱毛のように高熱で焼くのではなく低温の脱毛のため痛みを感じることもなく、肌トラブルを抱えている人でも行うことができる可能性が高いので今まで光脱毛ができなかった人でも行うことができます。

女子高生でも脱毛サロンへ通えるの?

未成年でも脱毛OK?!

“昨今の美容ブームにより、老若男女問わず様々な人が脱毛を行っています。

脱毛といえば大人が実施するという印象が強いですが、最近ではごく若い世代の人も脱毛を実施することが増えてきました。

では、たとえ女子高生であっても脱毛サロンにおいて脱毛を実施することは可能なのでしょうか。

結論から述べると、女子高生であっても脱毛サロンで脱毛を実施することは可能です。

ただし、大人が脱毛を実施することに比べると、多少の制約が存在します。まず、基本的には親の承諾が必要になります。

理由は様々で、女子高生は育ち盛りで、かつ生理という女性特有の現象が存在することから、それらに対して影響を与える可能性があることや、単純に脱毛にかかる費用が大きくなることなどが挙げられます。

また、脱毛サロンによっては、安全上の理由から、生理がまだ訪れていない女子高生は、脱毛を実施することができないという所もあります。

そのため、脱毛を考える際には、どこの脱毛サロンを利用するか、またどの部分を実施するかなどを、家族やサロンの医師などとよく話し合うようにしましょう。

脱毛サロンによっては、女子高生などの特定の世代などが脱毛を実施する際に、お得なプランを設定している所もあります。

この場合は、早めに実施すればするほど得をすることになるので、キャンペーンなどは見逃さないようにしましょう。
また、無料のお試しなどを体験することも、脱毛サロンを選ぶひとつのポイントになります。

生理中は脱毛サロンNG?その理由は?

“脱毛サロンでは生理中の施術はNGとなる事が多く、通う事を決めたら、生理の周期をしっかりと意識しておく事が重要になってきます。

これは生理が始まると女性ホルモンの影響で、普段よりも肌が敏感な状態になってしまいます。

その状態で施術を行えば、普段は痛みを感じない部位であっても、痛みを感じたり、肌トラブルが起きたりする可能性があります。

その為、生理になれば施術はできないというサロンが多くなっています。
ただ、生理中の施術の対応は、脱毛サロンによって異なります。

生理中であっても、デリケートゾーン以外は施術が可能とするサロンもあれば、施術自体がNGとなるサロンもあります。

デリケートゾーン以外であれば施術は可能となっているサロンを選んでおけば、
急に生理になっても、問題なく通えると考えてしまう人は少なくありませんが、それでも肌の事を考えると、生理になったのであれば、その日の施術は避けておく事がおすすめです。

その為にまずしておきたいのが、サロンを選ぶ時点で、キャンセル料が必要になるかどうか、予約変更は無理なくできるかどうかを確認しておく事です。

キャンセル料がかからない、いつでも予約変更ができるサロンを選んでおけば、予約している日に生理になってしまっても、無理に施術を受ける必要がない為、慌てずに対応をする事ができます。
安全に脱毛の施術を進めたいのであれば、生理の周期を把握しておく、生理の日は施術を受けないようにする事がおすすめです。”

脱毛サロンのカウンセリング当日に、何をする?持っていくものは?

脱毛サロンに通うことを決めたとき、また、迷っている場合でも、脱毛サロンでは最初に無料のカウンセリングを行うことがほとんどです。

とは言え、初めての場合は特に、当日何をするのか、持ち物はあるのかなど気になってしまう人も多いことでしょう。

そこでここでは、無料カウンセリング時に行うことと持ち物について、紹介します。まず最初に無料カウンセリングで行うことについてです。

ここでは、脱毛したい部位やそれに合ったプランの提案、回数などの相談を行います。

また、サロンについて分からないことがあれば、何でも質問することができます。もちろん、必ずその場で契約の申し込みをしなければならないわけではありません。

あくまでカウンセリングの場であるため、納得がいかなければ申し込みをする必要はありません。次に、当日の持ち物についてです。

当日は身分証明書と、未成年の場合は親権同意書を持っていくようにしましょう。どのサロンでも、契約の際には身分確認ができる身分証明書が必要となります。

そのため、運転免許証や保険証、パスポートなど、本人確認ができるものを持っていくようにしましょう。

また、カウンセリング以降の2回目の来店であれば、サロンで渡される会員カードが必要となるので、忘れず持っていくようにしましょう。
以上、いかがでしたでしょうか。持ち物に関してもそこまで多くはありませんし、気軽な気持ちでカウンセリングに臨むと良いでしょう。

脱毛エステとクリニックの違いって?

脱毛エステとクリニックを理解

女性にとって欠かせないムダ毛の処理ですが、日々自分でお手入れをするのは、時間もかかるし面倒に思ってしまいがちです。

そんなことから、脱毛の施術を受けようと考えている人も多いのではないでしょうか。

しかしそこで疑問に思うのが、脱毛エステとクリニックの違いです。どちらでも脱毛は行えますが、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

そこでここでは、脱毛エステとクリニックの違いについて、説明します。

1、使用するレーザーと効果の違い。クリニックでは、医師のみが使用できる医療レーザーを使用して施術します。
これは毛の黒い色素にのみ作用する仕組みになっているため、肌を傷つけず毛根にのみ確実な効果を与えます。
一方でサロンでは、医療レーザーよりも出力を落とした光レーザーを使用します。
低刺激で痛みを感じにくいものの、得られる効果は医療レーザーよりも緩やかになります。

2、施術回数の違い。前述したレーザーの威力の違いから、施術の回数も異なります。

脱毛が完了したと感じるくらいの効果を得るのに、脱毛エステでは12回程度の照射が必要なのに対し、クリニックは5~6回と半分の回数で済ませることができます。

3、料金の違い。料金に関しては、効果が確かな一方でクリニックの方が高めになる傾向があります。
エステでは様々なキャンペーンを行っていることもあり、お手頃な価格で受けられることが多いです。以上、いかがでしたでしょうか。

これから脱毛を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。